Singer 結-yuu の脳内告白


by swingyuu
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ:音楽( 28 )

どうも皆さんこんばんは。

CDリリースにつき、CD製作裏話をFacebookでつづっております。

今までは個人名のものしかなかったので、ここには公開しませんでしたが

アーティストサイトを作りましたので、そちらからご覧になってください。

Facebookアカウントをお持ちでなくても見れますよ。
こちらです。

CDをお買い求めいただいた方には、よりCDが身近に。

まだお買い上げでない方には、夢を与えてくれるはずです(笑

取り急ぎご報告まで。

b0221787_21224668.jpg



見に来てね~!!
[PR]
by swingyuu | 2013-10-24 21:22 | 音楽

CDリリースのお知らせ

お知らせです!
10月13日
結-yuu 2ndalbum『Mind』リリースに伴い、次の3店舗でアルバムを購入する事が出来るようになりました。

大阪市西成区玉出東2-5-6チン電沿い
岸里玉出『ダイニングバータクリーノ』
Tel0666523211
自転車好きと酒と音楽好きが集まるカオスなお店。ママの料理の腕も冴え渡ります。

b0221787_80384.jpg



大阪府藤井寺市春日丘1-8-15
Tel0729546413
『Livehouse JamJam Reggae』
ライブハウスと喫茶店と練習スタジオが一体化したお店。いつも音楽好きで賑わってます。

b0221787_811549.jpg


マスター早速、店内で聞き入ってくれてます。ありがたや。
b0221787_822076.jpg



大阪市中央区東心斎橋2-6-5
エイトワンビル6F
『Sound in』
Tel0662136845
腕利きのパフォーマー
カルロス道頓堀を中心に、毎夜素敵なセッションが繰り広げられています。
写真はカルロス道頓堀とPontaさんのテーブルドラミング!

b0221787_8243100.jpg



皆様、是非とも足をお運びくださいませ。

勿論、私からの発送も賜ります。

どうぞ宜しくお願いいたします。

b0221787_83417.jpg


また、うちにも置いていいよ!と言う素敵なオーナー様は、ご連絡くださいませ。
[PR]
by swingyuu | 2013-10-11 08:04 | 音楽

リリース決定

さぁさ、実りの秋がやってきましたよ~。

私を支えてくださったミュージシャンの方々と、心紡いで創ったアルバムが本日納品されました!

b0221787_2118772.jpg



リリースの日にちを迷っていたのだけれど、偶然にも今朝ドラムの神様から連絡があり

日本のドラムの神様、村上ポン太秀一氏とスティーブガットがコラボレーションする日、そしてこの出逢いの総てを紡いで下さった伊太地山伝兵衛氏のライブがある10月13日に、直接CDを手渡しさせていただく事になったので、リリースもその日に決定しちゃいました。

飾らない私。

まんまの私。

そんな私の穏やかで暖かいMindを感じていただけたら幸せです。

Yuu  2nd album 《Mind》
ご予約賜ります。

b0221787_21184865.jpg



ライナーNotesには、参加して下さったミュージシャンの方々からのメッセージや、私からのメッセージもガッツリ。

楽しみにしていてくださいね。

b0221787_21193863.jpg



ばいちゃ(*⌒▽⌒*)
[PR]
by swingyuu | 2013-09-28 21:22 | 音楽

実りの秋

まいど。
8月31日。
世間の子供たちが、一年で一番ブルーな日かもしれない日。

その点、社会人はいいよね。
よっぽどのビッパーじゃない限り、1ヶ月以上の休みなんてないもの。

無駄に休みの終わりを嘆かなくてすむ。
大人になりました。わたしも(笑)

さて。

アルバムの進行状態ですが、無事にジャケット撮影を終えました。

誕生日前日、その歳最後の私をカメラにおさめていただきました。

どれも私らしい、素敵な写真です。
楽しみにしていてください♪

今回私を撮影してくださったカメラマン。

前から私のブログを読んでくれてる方ならお馴染みの、あの、バーベキュー隊長です。

そう、このブログ上では尽く、酔っ払いのイメージしかないかと思われますが

それはそれは繊細な、素晴らしいカメラマンです。

カメラをもつ彼はかっこよかったです!

b0221787_17215554.jpg


日頃あれだけ見事に酔っぱらえるのは、緊張と緩和という一言で片づけられてしまう。

いま現在、写真と歌詞、メッセージの配置に頭を悩めつつも、いくつものパターンをつくって、やり取りをしている会社からのラフデザイン画を待っているところ。

それさえ終われば、プレスへGo!
レコーディングの下準備でかけぬけた春。

レコーディングで燃え上がった夏。

そして皆様にリリースできる、実りの秋。

冬?もちろん!企ててますよ。
リリースと一緒に発表しますね。

もう少しだぁ!
さぁ、休まずに次の課題へ滑り出そう。

素敵な写真を撮ってくれた藤井修氏。
ありがとう!

リスペクトを込めて撮影返し。

タイトル
『永遠の少年。ランドセルと髭』

b0221787_17213556.jpg


撮影前の私。

b0221787_17311668.jpg



そして息子にもらった誕生日プレゼント。

秋田ビードロ。
ビアグラス。
グラス。

b0221787_17315684.jpg


3点セット。
毎日パソコン片手に、ヘッドホン片手に、湯飲みでアルコール摂取する私に


酒も雰囲気やろ。

なんてこと言う色気のある19歳。
b0221787_17313070.jpg


メール、mixi、Facebook、メッセンジャーから、たくさんのお祝いコメントをいただきました。
ここにまとめて、お返事させていただきます。

幸せ一杯な毎日を、爆進中です♪

皆さん、ほんっとに!いつも応援をありがとう!!!
[PR]
by swingyuu | 2013-08-31 17:32 | 音楽

生きとりま~(^_-)-☆

あつうござんす。

暑中見舞いも、残暑見舞いも言わぬまま、お盆になっとりました。

盆やすみぃ~?
んなもん、あるかいっ!
ってことで、元気にやっとります。

で、アルバム制作についての報告ですが、
実はね、もうCDが完全に完成してからブログに書こうと思ってたの。

Facebookで逐一報告してるから。
でもさ、Facebookって何だ?
の人たちにも親切であるべきだろ?
という、もう一人の自分がムクっと起き出し、ようやく重い腰をあげることができました(笑)

結論。
順調よー!

まぁね、ここまでくるまでにイロッイロあったわけ。
でも、おらーっ!って乗り越えてしまえば、いざこざなんぞ過去のこと。

やはり私の開き直り体質は変わらぬようだ。

7月20日
佐山雅弘さんとのデュオでのレコーディングが行われた。

一発どり。
ワンテイクOK

佐山さんのピアノはとても不思議で、私を未体験ゾーンへ、ひゅっと引っ張ってくれる。

ようするに、何も考えなくていい。
導かれるままに、歌うことができる。

魂の解放とは、この事だよ。うん。
そして何よりも楽しい!
バラード歌ってても、楽しくてしょうがないっ!

で、せーので歌い終わってミキシングルームに戻ると、ひとりのベーシストが号泣してるわけ。

なんかね、なんとも言えない気持ちになったね。

b0221787_1623129.jpg


b0221787_16233998.jpg


b0221787_1624628.jpg


そんなアルバムも、ミックスダウン、マスタリングの過程を終え、一枚のCDとなって、私の手元にやってきた。

b0221787_16431778.jpg



キーボード演奏、アレンジ、マスタリングをしてくださった種子田さんが送ってきて下さったもの。

盤面には手書きでアートがほどこされいた。
b0221787_1628894.jpg



アルバムタイトルが書かれた場所には、無意味に『はにわ』がのっかってるけど、気にしないで(笑)

世界で一枚のマスターCD。
このアートも2つと存在しない。

素敵!

そんなアルバムも、無事プレス会社へデータ入稿をすませました。

17日には、ジャケット撮影も決まってます。

あとは、プレスをまちながら、歌詞カードの配置やデザインをすすめていくだけ。

けど、この、『だけ』。がなかなか、やっかい。
パワーがいるんだけど、頑張るからね。

楽しみに待ってくださってる皆さん、あと一ヶ月もかからないよ。

さぁ、どんな風に皆さんの耳に入っていくのか、ドキドキしてきました。

もう一踏ん張り!
やったろやないかぃっ(^_-)-☆

決まっているけど言えないことが沢山あるんだ。

まだまだ
色々やらかしますよ♪

b0221787_1646590.jpg

グフフッ…
[PR]
by swingyuu | 2013-08-15 16:49 | 音楽

レコーディング・・1

大きな大きな愛情に包まれて結-yuuソロアルバムの第一回のレコーディングを終えました。

どうしよう?

感じたことを書き連ねようか?

それとも自分の胸にだけ大切にしまっておこうか?

いまもまだ迷いながら、このブログを書いています。

今月の20日にも録音を控えているし、まだ終わったわけじゃないし。

胸が一杯で書けないというのもあるのだけど。

とりあえず、写真をいくつか。。

b0221787_165741.jpg


b0221787_16572336.jpg


b0221787_16581136.jpg


b0221787_16584252.jpg


b0221787_16591688.jpg


b0221787_16595591.jpg


b0221787_17563527.jpg


誰一人、何一つ気を抜くことなく、本気で音に向き合いました。

「これには、この音じゃねぇな」

ポンタさんにいたっては、楽曲によってスネアを交換までしてくださり
グイグイ楽曲を引っ張っていってくださる。

b0221787_17545225.jpg


今回楽曲のアレンジをしてくださった種子田博邦さんと、あれよあれよという間に楽曲の『核』が出来上がっていく。

私はそんな『イメージ』が少しで沸くように、『仮歌』を「本気」で唄い続ける。

その気持ちに応えるかのように、各々のパートが熱を帯びていく。

「仮歌」を唄ってるとき、ずっとポンタさんのプレイが見える位置にいた。

b0221787_17163246.jpg


もちろん分厚い扉で仕切られてはいるのだけど、オーラというか、熱というか、『本気』が痛いほど伝わってくる。

成瀬君や、石井さんは、ブースの並び上、姿を見ることは出来ないけど、ヘッドフォン越しに音で応えてくれる。

正面にはポンタさん。

右に視線をむけるとプロデュースをしつつ、プレイする種子田さんの姿。

これまたブースの都合上、姿が見えない伝兵衛さんも、時折

「ゆうちゃんのやりたいようにやればいい。ゆうちゃんのレコーディングなんだから」と声をかけに来てくださる。

b0221787_17143612.jpg


私がこのレコーディングで涙が出るほど嬉しかったこと。

一生忘れない音楽への姿勢。

それは、レコーディングも後半をむかえそろそろ皆さんにも疲れが見え始めた頃のこと。

何度か演奏した楽曲をプレイバックし、口を「へ」の字に結んだポンタさんが・・クソっ。

と呟いてドラムのブースに入っていかれた。

ドラムと向き合い、何度か呼吸をし、

『よっしゃ!こんかいっ!!!』

と叫んでカウントをとり始め、ぶっ飛びそうなドラムを演奏されたこと。

その熱さに心底、心打たれました。

今、思い出しても涙が溢れます。

こうして書いてても、PCの文字がにじむ。

全ての音をとり終え、ポンタさんが帰られるとき

「ゆうちゃんは、この後、どうするの?今日はもう歌入れはしないでしょ?」

とにこやかに聞いてこられた。

「いえ、今からです!」

そう答えた私に

「まだ?!やるの?!今から?!」

と言って間をおいた後

「頑張って!」と握手をしてくださいました。

帰られる間際も
「色々大変だと思うけど、負けないで。頑張って!!!」

って。

歌入れに沢山時間を使えるようにと、ずっと気にしてくださってた種子田さんの想いを無駄にしたくない。

休憩もなく

ポンタさんを見送って私はすぐに歌入れを始めた。

ポンタさんのドラムセットが撤去されたその場所にマイクが立ててあった。

私は靴を脱いで裸足になり、大きく息を吸ってブースの天井を見つめる。

正面にある、ギターとベースのブースに目をやる。

ヘッドフォンから音が流れてきたら、さっきまで一緒にいた皆の息遣いが蘇る。

足の裏から、ポンタさんが落としていった

「音への情熱」

を感じる。

疲れが吹っ飛ぶ。

酷使したはずの声帯が復活してる!

b0221787_18413344.jpg


目に見えぬPOWERに押されて、1時間ほどで歌録り終了。

いつの間にか休憩場所にいた皆さんがいなくなってた。

携帯には

「ご挨拶したかったのですが、VO録りに入ってたので黙って消えます。Good Luck!!」

と伝兵衛さんからのメッセージが。

「集中力きらしたらアカンから黙っていくって言ってたよ」

メンバーから伝言を受け取る。

まだ胸の中で色んな想いが渦巻いていて、うまく文章におこせない。

ココに書いたことはホントに一部のことで・・・

私はこの日を通して

とんでもない経験をした。

でも涙なしでは振り返れないくらい幸せな時間だった。

村上ポン太秀一さん
伊太地山伝兵衛さん
種子田博邦さん
石井康二さん
成瀬あきらさん

b0221787_17515658.jpg


最高の音を、愛をありがとうございました!!

次は佐山雅弘さんだ!

20日も頑張ります☆

b0221787_17534893.jpg

[PR]
by swingyuu | 2013-07-06 17:58 | 音楽

6月終わる。

お久しぶり。
今日で6月が終わるね。

6月は自分自身の入院、息子の交通事故、家庭の問題と、正直フラッフラの毎日でした。息子の事故でかなりパワーがいったので、ご飯も喉をとおらず。

息子の事故は、よく命が助かった!奇跡!と皆がみんな口を揃えて言うほどの規模でしたが、なんとか復帰し始めています。

細かくは書きませんが、やっと心苦しかった6月が終わる。

やっと、レコーディングに集中できる。
ギリギリでカタがついた。

今回のレコーディングで初めて楽曲にアレンジャーさんを通しました。

アレンジされた楽曲もバッチリです!


さぁ、まずは7月3日、バンドバージョンのレコーディング。

日本のセッションドラマーとしては誰の追随も許さない、日本が世界に誇るドラマー村上ポンタ秀一さん。

伊太地山伝兵衛さん。
アレンジャー、作曲家そしてキーボディストの種子田博邦さん。
石井康二さん。成瀬あきらくん。

まずは、このメンバーでのレコーディング。

b0221787_214919.jpg


誠心誠意、歌うしかないでしょ。
初めは緊張しても、きっと楽しくて幸せで仕方なくなるんやろうね。

よし!
明日からは新しい月。
真剣勝負。
がんばりますっ!
[PR]
by swingyuu | 2013-06-30 02:31 | 音楽

帝塚山音楽祭 2

昨日よりも晴天に恵まれた、アッツイあっちい1日となりました。

この日、私は、ステージはないけれど、レコーディング資料をポンタさんに届けると言う重要な役目があり、昼1で会場へ。

ポンタさんが到着されるまで、あちこち会場をみて歩く。
疲れて木陰で休んでると、ひとりの老人と言うには少しはやい感じの男の方が座ってらっしゃいました。

ほどなくしてその方が話しかけてこられました。

『きのう、あのステージで歌ってましたよね。聞かせてもらいました。
あの、涙そうそう(そんなようなオリジナルは歌ったが、涙そうそうじゃない)泣けたぁ。ほら、あの石垣島でつくったって言ってた曲』

(聞いてくださってたんですね、ありがとうございます。でも、あれは、涙そうそうじゃぁなくて…)

私の言葉を遮るように、

『そう、でも曲名を言ってくれなかったから、勝手にそうしちゃいまして(笑)

それから、ほら、最後に歌ってくれた歌。元気でたなぁー。よし、明日も頑張ろかっ!って、また今日もここへ元気をもらいにきたんです』

しばしそのお父さんとお話する。
いつのまにやら、お父さんの生い立ちから、浅草から大阪へ越して来られた経緯、今抱えてらっしゃる病気のこと。

そして、なぜ私の歌が胸に染みたのか。
いっぱいいっぱい話して下さいました。

正直、慣れない野外、自分の声や楽器のモニタリングが出来なくて、良いステージが出来たとは言えなかったけれど、お父さんの胸には何かしら残せたんだなぁ。
と、ニコニコ笑顔を見て幸せな気持ちになりました。

お父さんは、なんども繰り返し『ありがとう。』と仰ったが、私も同じくらい、もしかしたらそれ以上に(ありがとう。)と呟いていた。


そんな素敵な出来事から始まった1日。
サプライズは続くのだ。

ポンタさんに資料をお渡ししてる時点では全く知る由もなかったのだけれど、ある方が彼の名を呼んだ。
ずっとポンタさんの機材を見守ってる方の名を。

ん?どっかで聞いたことある。
その名前、どっかで見たことがある。

なぜ、私の脳みその中で繋がったのか、いまだにわからないけど、直感した。

きっとミヤギさんの知り合いだ。
慌ただしくポンタさんのドラムセットが機材車に積み込まれていく。
ひと呼吸ついた彼に声をかけてみた。

(あのぉ、突然すみません。沖縄の方ですか?)

不躾な質問に礼儀正しく、驚きながらも彼は笑顔で応えてくださった。

『はい!』

(ミヤギマモルさん、ご存じですか?)
一瞬びっくりして
『マモルさん!はい!はい!知ってます。マモルさんのレコーディングのサポートでドラム叩いたりもしてました』

(やっぱりー!)
私は、ミヤギマモルさんと知り合った経緯をお話した。

ほんとにびっくりした出逢いだった。
(ミヤギさんにお見せしたいので、一緒に写真とってもらっていいですか?)

『もちろん、もちろん!』

そして、彼は伝兵衛さんたちとも繋がりがあった。

びっくり!
これからも、ユッキーこと国場さんとはお付き合いがあるに違いない。
私の直感。


そんなこんなで、伝兵衛さん、シャッター音と共にニョッキリ顔を突っ込んでの3ショット(笑)

いきなりこのスマイルをつくれる事に、また、びっくり(笑)

b0221787_19165270.jpg


メインステージでは、後藤次利さん、本田俊之さん、そして村上ポン太秀一さんが大暴れ。

痛いほどの日差しの中でも目を閉じて風を感じれば、心は異国へトリップしてしまいそう。

そして改めて思う。
この、ポンタさんのドラムで歌うのか…と。

ずっと戸惑っていたけど、胸の奥の方で、何やらカチッとスイッチが入る音がした。

誰のレコーディングでもない。
私。のレコーディングだ。と。
巨匠の胸を借りれるだけでも有り難いことだ。と。

b0221787_19252656.jpg


b0221787_1926093.jpg


そんなスイッチが入ったまま、メインステージ最後、コジカナツルの演奏を聞く。

まるで子供が大好きな遊びに夢中になってるかのように、大胆だ。

それでいて繊細で、全てを自在に操る魔術師のようにも見える。

そこへ実行委員長さんが、何やら見つけた!っとでも言うような嬉しげな顔で小走りで駆け寄ってきた。

『車?なぁ、車?』
(うん、車です)

ウンヌンカンヌン。

小島さんと鶴谷さんを新大阪まで送り届けてくれないか?と言う話。

前日の例があるから、幸いにもアルコールは入ってない。メンバーも飲んでない。

狭い軽四で申し訳なかったけれど、小島さんと鶴谷さんをのせて、車は新大阪へ向かう。

車中、佐山雅弘さんとのレコーディングで使用するエレピのレンタルについて、アドバイスをうかがう。

機種は?スタジオは?いつ?
色々親身になってアドバイスして下さる。

『俺、オペレーターしたろか?』
耳を疑った。
でも、私の中のスイッチが更にカチッと音を立てた。

(ほんまですか!ほんまですか!)
んな訳ないのは、わかってる。スケジュールなんてびっしりなんだから。

でも、私なんて…のイジケムシは、もうここにいない。

ただただ、一緒に音を出してみたい。
その想いだけ。

(どあつかましいにも程があるかもわかりませんけど、こうしてお話出来るのもめったにあることじゃないから、本音言ってもいいですか?)

一瞬じっと私の目を見て、『ええよ!』と応えて下さった。

(一緒に音を出してみたいんです。)

振り絞った声に、『うん、ええよ!』の笑顔が返ってきた。

それが実現できなくても、初めて自分の口から自分の想いを伝えることができた。

いままでは、知らぬ間に事が進んできたから。
でも、それはそれで、とんでもなく幸せな事で、でもだからこそ自分の気持ちが追い付かなかったりで…

(忘れないでくださいね!今の会話!本気にしますから!私が死ぬまでの間に一度でいいです。一緒に音を出してみたいんです)

そう言う私に、『俺は死ぬのはやいで』と携帯を取り出し、連絡先を交換して下さった。

『佐山さんやから大丈夫なはずやけど、機材のトラブルやレンタルとか、なんか困ったことあったらレコーディング当日でもいいから連絡しといでや』と。
 
佐山雅弘、小島良喜といえば、先日の琵琶湖ホールでの、圧巻のステージをつくりあげたお二人。

私は夢を見てるのだろうか?
いや、佐山さんも笑顔で話して下さった。
ポンタさんのハグもいただいた。
目のまえには小島さんが携帯を握ってる。

新大阪、車を降りしなに、強く握手をしてくださった。
(約束ですよ!)の言葉にギューッと。

約束の一枚。
b0221787_2011518.jpg


(upの許可はいただきました。)

あとで冷静になって考えたら、何ちゅう事を直談判したんやろか?と思った。

でも、後悔なんてしなかった。

帝塚山にもどり、総ての縁を結んでくれた伊太地山伝兵衛氏のライブを見る。

色んな想いが去来する。
自分がやらないと誰もやってくれないから、俺は自分の思った通りに動くんだよ。

人は、やめとけ、そりゃむちゃだ。しか言わないもん。

そんな伝兵衛さんの言葉が脳裏によぎる。

この出逢いや、総ての流れに心底感謝しています。

あの時、実行委員長の目に私達が映らなければ、こんな会話もなかったことだろう。

勇気を振り絞って気持ちを伝えられたのも、音楽祭でステージをみて、ドシッとスイッチが入ったからだろう。

昨今の私を見て、ある人がこんな言葉をくれた。


求めよ。さらば与えられん。
尋ねよ。さらば見出されん。
門をたたけ。さらば開かれん。

今の君にだからこそ贈る言葉だよ。と。

ちなみに友人も私もクリスチャンじゃありませんが。

凄くすごく胸に響きました。
前の私なら、んな事言うたって~
とか
あたし如きがさぁ~

とか、聞く耳を持たなかったはず。
でも、今は胸に響くんだ。
怖い位に。

もちろん求めるに値する人でなくてはならないのは大前提で。
(ここ履き違えたら、アホなだけ)

ミーハーな気持ちなんて微塵もないの。
そんな気持ちで挑める面子じゃない。
自分を高めたい。
磨きたい。
ただ、それだけ。

グッと深呼吸して、前を見据えて歩いてこう。

皆さん、見守って下さいね。
そして、応援してくださいね。

5月4日TACURINO yuustyleワンマンライブより→こちら

実行委員の方が撮ってupしてくださいました。
帝塚山音楽祭エントランスステージ→こちら

言い訳しません。
どんな状況下でも歌えるよう精進します!!

長文を最後まで読んで下さってありがとう!

ありがとう。
ありがとう。
ありがとう。
[PR]
by swingyuu | 2013-05-31 20:51 | 音楽

プロローグ

結-yuuソロアルバム第二段。
順調に動き出しましたよ。

先日、レコーディングするスタジオ見学にも行ってきました。

とりあえず、すごいっ!
b0221787_3532840.jpg


b0221787_354161.jpg


b0221787_3543544.jpg


b0221787_354528.jpg


勿論当日はドラムセットもかわり、ピアノもかわる。

当日は、わざわざ特別なエンジニアさんがきてくださるそうな。。


頭を悩ませた楽曲も出揃い、素晴らしいアレンジャーの方に入っていただく事も決まりました。

誰とは言いませんが、日本のミュージックシーンを背負ってきたトップドラマー。

こちらもまた、日本屈指のピアニスト。

b0221787_403626.jpg


先日琵琶湖ホールで、圧巻のステージを見せていただきましたが、ほんとにこの方とレコーディングするの?

が、本音でした(笑)

昨夜16日から東から、伊太地山伝兵衛氏が打ち合わせの為だけに来阪してくださってます。
打ち合わせは3日間続きます。

b0221787_415620.jpg


今回のアルバムは全曲、私が作詞を担当。

b0221787_423096.jpg


b0221787_432347.jpg


ドキドキしながら、聞いてもらうと、とても気に入ってくださった。

勿論、私の想いだから、それに共感していただけるのは、素直に嬉しいわけで。

自分のアルバムなのに、どこかまだ夢を見ているような不思議な気分。

そりゃね、色々大変よ。
でもね、ほんとにほんとに楽しくて。

そして、こんなに大先輩方に大切にしていただいて、胸が一杯で。。


b0221787_441333.jpg


感謝の念しかありません。
このアルバムに携わって下さる皆さんに精一杯の気持ちで、歌で応えていきたいと思います。

それしか、私には恩返しができません。
だからどうか、皆さん応援してください!


めったにこんな事↑書かない私ですが
心よりお願い致します。

音楽やってきて、一番今が幸せです。

でも、まだプロローグ!
まだまだまだまだ、やることてんこ盛り。
弱音吐かずに最後まで頑張るからね!
そして、思いきり楽しむからね!

みんな、みんな、ありがとう。
ありがとう。
ありがとう。
[PR]
by swingyuu | 2013-05-17 04:19 | 音楽
あのね、

去年に私が歌入れさせてもらった よさこいチームさんの動画がUPされてるようです。

FBでさっき知って、早速動画見せていただいたんやけど・・・

なんでやろ。

涙がとまりません。

自分の歌が顔も知らない人たちの役に立ってる。

こんなに力強く、風をきって嬉しそうに舞ってる・・

胸うたれます。

私はやっぱり、「誰かのために」が前提なんだと思い知った感じ。

一人でも多くの方に見ていただきたいと思います。

こちら←クリックでyoutubeへ飛びます。

こちらは以前にも載せましたが、よさこい界のAKB

心はのべのさんの映像です。

この動画がUPされたとき、ちょうどへこんでた時で、この子達の笑顔にどれほど救われたか・・・


こちら←クリック

その日のブログです。こちら←クリック


まだ表にでていないレコーディングした曲が、どんなふうに踊り子の皆さんと絡み合うのか、ますます楽しみです。

ジャッキーさん、こんな機会を与えてくださって、ほんとうにありがとうございます。

よさこいのことなら

Sound&Design Onenessへ。

ほんまに皆、見てね!聞いてね!

私には歌しかないけど、それが誰かの力となり笑顔になるなら、これ以上に幸せなことはないです。

ほんまよ。ほんま。
[PR]
by swingyuu | 2013-04-19 19:50 | 音楽